ビタミンP

ビタミンCとの相乗効果

近年、栄養補助食品はドラッグストアをはじめ、いたるところで手に入れることができます。またその種類も多種多様で、たとえばイライラしている人にはカルシウム、肌が荒れ気味な人にはビタミンBなど、現代人の個々のライフスタイルに合わせて栄養補助食品が利用できるようになっています。

 

肉中心の食生活であったり、不規則な生活を送っている人の中には、栄養補助食品を上手に組み合わせて健康維持に努めている人もいます。栄養補助食品はまさに現代の生活にはなくてはならない存在だといえましょう。ところで、皆さんはビタミンPをご存知でしょうか?ビタミンPは”ビタミン様物質”と呼ばれ、フラボノイドのうちヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなどの総称です。

 

ビタミンPのうちヘスペリジンはポリフェノールで、みかんなどの柑橘類、特に薄皮に多く含まれています。ビタミンPは毛細血管を強くし、血中コレステロール値や血圧を下げるといった健康に役立つさまざまな効果をもたらします。なかでも注目されるのはビタミンCのはたらきを助ける効果です。ビタミンCは非常に壊れやすい栄養成分で、必要量を摂取しても体内で破壊されてしまい、体内に吸収される量は少なくなってしまいます。

 

そこでビタミンPをともに摂取することにより、ビタミンCを安定させ、体内に吸収することができ、そしてビタミンCのさまざまな効果を発揮することができるようになります。先に「ビタミンPは柑橘類に多く含まれている」と言及しましたが、日常生活で意識して柑橘類を摂取することには限界があります。そこでおすすめするのが栄養補助食品です。

 

栄養補助食品としてのビタミンPでしたら、食事のついでや時間が空いた時など自分の都合に合わせて手軽に摂取することができます。これまで栄養補助食品としてビタミンCのみを単体で摂取していた方はビタミンPも摂取することを強くおすすめします。栄養補助食品を正しく、賢く使いましょう。