ビタミンP

栄養補助食品ビタミンPを知っていますか?

栄養補助食品ビタミンPは、ポリフェノールの一種です。ビタミンに近い働きをしてくれるものであり、ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称になります。ビタミンPはビタミンではなく、ビタミン様物質になります

 

。体内で合成することができるため必ずしも摂取する必要がなく、ビタミンではなく、ビタミン様物質という分類になっています。

 

しかし、現代人は栄養バランスが悪くなっていますし、体の様々な場所で栄養は使われています。不足することで毛細血管がもろくなる傾向になりますので栄養補助食品を活用して補うことには効果を期待することができます。ヘスペリジンは、柑橘類の薄皮などに含まれています。ルチンは、そばなどに含まれています。

 

ビタミンPが不足してしまうと細菌が侵入しやすくなったり、出血しやすくなりますので、栄養補助食品を利用することは健康の維持に効果的です。栄養補助食品には、毛細血管の強化、血中の中性脂肪を分解する作用、ビタミンCを安定させる作用、血流を改善する作用、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などが期待できます。

 

栄養補助食品を摂取することにより、毛細血管の透過性が良くなり過ぎるのを防ぐ効果を期待できます。毛細血管は役割上、適度な透過性が必要です。体の組織と栄養や酸素のやりとりをする必要があるからです。しかし、透過性が良くなり過ぎると出血や高血圧などの症状が現れて病気に繋がる恐れがあります。

 

栄養補助食品ビタミンPを利用することにより、毛細血管をよい状態に保つことができます。栄養補助食品ビタミンPには血中の中性脂肪を分解する作用がありますので、血中コレステロール値の改善効果を期待することができます。中性脂肪が増えることで、動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞の原因などになります。栄養補助食品を利用することで血中コレステロール値をコントロールすることができます。

 

栄養補助食品を利用することで、血流を改善する効果も期待することができます。ビタミンPにはビタミンCを安定させる作用もありますので、結果として血流の改善に役立ちます。血流を改善することにより、血圧上昇抑制の効果についても期待することができます。

 

抗アレルギー作用についても期待することができます。花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を緩和する作用が期待できます。ガンに対しても抑制作用が期待できます。生活習慣病などにいったんなってしまうと治すのは難しいものです。栄養補助食品を利用して健康維持に役立てるとよいです。